喫茶佐天

今日も大忙し

【編入試験体験談】電気通信大学2019学力【リアルタイム更新】

2019年6月27日に受験しました!取り急ぎ…という感じなので、項目をしっかり分けて書いた(リンク埋め込みとかした)真面目な感想は後日書きます!まあでも30分に1回くらい書き足してる気がするけど

【スペック】
英検準2級(中3)
TOEIC 675(高専4年10月)
工業英検4級(高専1年5月)
工業英検3級(高専4年11月)
工業英検準2級(高専5年5月)

【席次】
1年次 22?
2年次 24
3年次 25
4年次 16
国語と暗記ゲーと体育の席次が異様に低いです。単位は5年間で一度も落としたことはありません。(再試も0)
弊クラスは大体78~80点で20位です。一番ヤバかったときは平均81.5点で25位でした(4年後期中間)
なぜか学科1位とか3位とかに勉強を教えていました。学科20位が1位に勉強教えるのってなんかシュールな光景ですね。

【会場の雰囲気】
数学と物理終わったあと「オワタ…/(^o^)\」みたいな雰囲気が漂ってました。爆死した人結構多そうでした。

【各科目の内容と感想】
問題持ってるんでまあそのうち詳しく書きます
・数学

大問1:知りません

大問2:3次行列とベクトルvが与えられて、実数の固有値固有ベクトルを求める。
次にAv A^2v vが一次従属であることを示す。最後にA^3v,A^4vをAvとvの一次結合で表す。

よくわからなかったのでゴリ押したんですけど、行基本変形すると簡単に関係性が出るって聞いて泣いちゃった。てか、"実数の固有値"ってとこ読んでなくて虚数解のも固有ベクトル出しちゃった(消しました)
沼にハマって40分位かかった気がします。

大問3:ただの接平面とか求めるやつ 微分する関数がしんどかったです。π/4 - Arctan(√(x^2+y^2))ですね。
積分は一瞬ん?ってなったけど図書いたら瞬殺でした。
20分

大問4:重積分 普通です。なんか多分典型問題です。
10分で完答

大問5:√tan θの0からπ/2までの広義積分 複素積分に帰着できる事を示した瞬間に終わりました。
10分程で最初の2問を解いたあと最後の15分位で唸ってました。

・物理

大問1:バネの減衰振動/何もついてないバネに物体を2個付けた時の物体の離れる位置
全部埋めましたがどっかミスってます。ほぼ合ってました
30〜40分位

大問2:点電荷の点Pの電位(rではなくx,y,zで表す)と点電荷2個の距離がPの位置に比べて十分小さいときの一次近似
光学の光路差を求める時のような近似式が出てきました
同上で、30分ほど

前日、電車内で
しゃけ君「双極子が〜〜」
ぼく「え、双極子って概念誘電体以外でも使えるんだ」
しゃけ君「え、知らなかったの。例えば点電荷が〜〜」
って話をしました。しゃけ君預言者かなんか?

実は!僕は電磁気は授業と東大の過去問(去年より前20年は一度も点電荷は出てない)くらいしかやってないんです。黄色い本(電磁気学演習)とかは全くやってません
ので、この問題はほぼ完全初見でした!授業が神だったので電磁気の基礎的な部分を理解してたので初見でも解けました!


大問3:/(^o^)\ファンデルワールス状態方程式/(^o^)\
1問しかやってません
残り時間全部

・英語
大問1:ハヤブサ2についての文を250字で要約
英文の分量はA4表面3枚とちょっと 45分
大問2:なんか英作文 15分
90分は長すぎ

【面接】
5時起きです。つらい(家からギリギリ行ける)
2時間半待ちました。

・(物理工学プログラムを志望した)動機
・数ある大学からなんでうちを選んだか
・物理工学プログラムで何をやるか知ってるか(知らねえ…)
・卒業したらどうするか
修士出たらどうするか
・(動機からして)やりたい分野があるようだがそれは何か
・興味のある研究室はどこか
・具体的に何をやるか知ってるか
・卒研は何をやる予定か
・卒研のビジョンは(面接官の意図と僕の解釈が噛み合ってなくて険悪ムードになった)
・研究室の研究は代々受け継いでいくものか
・卒研で使ってる言語は?
・卒検に詳しい内容(卒研の内容をめちゃめちゃ突っ込まれて泣きそう)(夏休み研究室に籠もってやるので…)
・昨日の自己評価を教えて(各科目の感想を言ったあとにファンデルワールス状態方程式初めて見たけど1問と少しは解いたって言ったら初見で??って言われたのではいって答えた)
コミュ障なのでえっと…とか言いまくったり噛んだりしました。


【対策】
英語は受験期通してDUO3.0 英語耳 和文英訳教本 京大入試に学ぶ和文英訳位しかしてません。
僕はぶっつけ本番ですが、問題が回収されないので後輩にはそのうちなんかします。

数学と物理は東大編入試験の問題を20年分ほど解きました。
思考力が鍛えられます。あとイミフな問題に突撃できるようになります。
徹底研究を1周したあとすぐに東大の問題に取り掛かりました。高専生に人気な編入のための数学問題集、過去問特訓、徹底演習はほぼやっていません。僕の対策法とかはそのうち記事を書きますが、参考にならない気がします。


勉強時間は(始めたのは3年夏休み頃ですが)平均したら30分〜1時間くらいです。

【結果】
合格です。

【感想】

色々な大学の過去問を解きましたが、物理でファンデルワールス状態方程式が出てきたのは今まで一度も無かったのでマジで/(^o^)\ってなりました。

ただ、力学と電磁気学は冷静な思考があれば十分解ける問題だったので、そこで稼げてれば多分大丈夫です。
電通大は過去問をほぼ解いてないのでよくわかりませんが、かなり難化したしたらしいです。やっぱり過去問だとか傾向だとかなんて信用できないねʕ•ٹ•ʔ

埋めた率(合ってるとは言ってない)は、数9割(小問1個計算ミス 1個半分しか書いてない) 英10割 物7割で、まあ…部分点が…ほしいな…(というか、電通大はほぼ全問正解じゃないと受からないと本気で思ってましたが違うみたいですね)(参考書の解説並みに丁寧に説明や誘導をやったのでそれなりに点数は拾ってくれてるはずです。)